バランス反射療法研究会・ねじれ型・左右型の操法の使い分け

11月8日(日)名古屋会場・パークホテルつちや、にて定例研修会が行われました。

【研修内容】

ねじれ型・左右型の操法の使い分け

坂口会長先生のねじれ、流れの歪みの見方の解説とねじれ型・左右型の操法の
使い分けで実技実践の講習がありました。

new_DSCN1624大.jpg


ねじれ型の操法と左右型の操法の手順など違いが理解できたと思います。
レベル1の先生方は少し難しいのですが、体の変化が納得できたと思います。

これから、操法の使い分けで、わかりやすくなっています。
何の緊張をとりたいのか、力をつけたいのか理解できたと思います。

今までの操法を組み合わせて、簡単にできるようになっています。

復習を兼ねて練習してください。

new_DSCN1620大.jpg



レベル1

小胸筋操法


この操法は最初に行う操法で正中を整える基本になっています。

たくさんのポイントがありますが順番に覚えてください。

小胸筋の刺激のポイントはできるだけ軽く触れてください。

また万歳の調整での正中操法も手順、呼吸、男女別に考えて練習してください。

手の動かし方、持ち方など確認しながら覚えてください。

new_DSCN1634大.jpg



レベル1  2年目

関節操法

基礎の足関節から前後の調整です。

足首の固定のポイント「操法の手順・方向・呼吸」
前後系を固定して足関節の持ち方を確認して下さい
基本の操法ですので、練習して慣れて下さい。

足関節操法で体の変化が理解できたと思います。

この先、色々なポイントが増えますが基本を覚えておいてください。

new_DSCN1635大.jpg



レベル2

ねじれ型・左右型の操法の使い分け

ねじれ側の鎖骨下筋操法

股関節操法と筋膜腸筋の調整

環跳・風市の調整

腰方形筋調整と中殿筋操法

大菱形筋の調整

小菱形筋の調整

組み合わせて使い分けてください。

今まで習った操法を組み合わせて操法です。
考えて使い分けて練習してください。

どこの何を変えたいのか理解できたと思います。

この操法で椎間が元に戻るようになっていきます。

椎間板ヘルニアや狭窄症の人に操法してください。

new_DSCN1626大.jpg


new_DSCN1632大.jpg


今回名古屋つちやが最後になります。

長い間お世話になりました。




『バランス反射療法研究会本部』 

06-6671-9369

06-6671-9366


バランス反射療法研究会HPはこちらをクリックして下さい。



[和楽堂接骨院ブログ]


にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

整体師 資格・学校net!


BLOGGERSへ



[反射療法] ブログ村キーワード

[手技療法] ブログ村キーワード

[腱はじき] ブログ村キーワード

[手技研] ブログ村キーワード

[会長] ブログ村キーワード
[研修会] ブログ村キーワード
[定例セミナー] ブログ村キーワード
[定期講習] ブログ村キーワード
[講習会] ブログ村キーワード



[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード

[医療従事者] ブログ村キーワード