12月定例研修会 AS・PI操法の軸、ねじれ、前後の調整

12月13日(日)大阪会場 吉野旅館にて定例研修会が行われました。


今年最後の研修会で、坂口会長先生の体の歪みのパターンの統計を発表して
いただきました。

前後、流れ、ねじれ、軸、重心です。

とても参考になったと思います。

自分が何型の何パーセントか、このような人はあまりいないとか
理解できたと思います。

今回は研修生全員の前で体の分類の理論をホワイボードで説明され
少し難しいかもしれませんが、分類別でも操法の違いがあることが
理解できたと思います。

new_DSCN1668大.jpg


レベル1の先生方は、将来このような操法で体が簡単に変えることが
できることを楽しみにしてください。

まずは検査がきちんとできるようにして行きましょう


【研修内容】

レベル1 1年目

「二頭筋・三頭筋操法」

講師の先生の指導の下、実技実践を行いました。

操法の手順・呼吸・方向・ポイントを確認しながら、
講習が行われました。

「二頭筋・三頭筋操法」は基本の手技・操法で重要な操法です。
操法の手順・動き・方向・呼吸・ポイントと多くの動作があります。
手技の難易度は高く、何度も、講習・実技を繰り返します。
習得するのは、すぐにとは、いきませんが、反復しながら
上級の先生方も日々、研究しています。

焦らず、「二頭筋・三頭筋操法」を何度も繰り返し練習して
ください。基本の操法です。動きをまず覚えましょう。

将来、この操法は前後・流れ・捻じれの調整に必要です。
色々な症状に使うことのできる操法です。

肩こり・腰痛などに幅広く効果が出ます。

new_DSCN1679大.jpg



レベル1 2年目

内果操法

内果のポイント・呼吸・刺激の方向・操法の手順を確認
しながら講習が行われました。

内果が何に関係しているか理解できたと思います。

操法の意味を理解して実技練習をしてください。

new_DSCN1674大.jpg



レベル2


ねじれ、軸、前後調整AS・PI操法


坂口会長先生からねじれ、軸、重心の説明と検査の方法が講習されました。

検査がきちんとできるように練習してください。

ねじれ、軸、前後が整うAS・PI操法です。

軸の検査を利用してください

軸を整え、前後、ねじれまで整う操法です。

この操法をする前に正中操法をしてください。

今回はねじれと軸の関連です。また重心にも関係していきますので

色々簡単にできるようになっていきます。

軸を変える呼吸や固定、方向は間違えないようにしましょう


new_DSCN1669大.jpg



操法後に姿勢や立ち方が変わった事が理解できたと思います。

これだけで膝の屈曲や膝が外に開いている人の膝が伸びます

腰下肢の症状、膝の曲がった人、O脚に操法してください。

この操法と重心を加えるととてもいい効果が出ます。


検査を間違えないよう練習してこの操法をマスターしましょう

新しい操法が増えていますが簡単に操法できようになっていますので
練習していい結果を楽しんでください。


new_DSCN1683大.jpg




来年の1月は17日第3日曜日、大阪会場です。
新年会もかねていますので、間違えないよう
よろしくお願いします。

来年もみなさまの笑顔に出会えますよに良いお年をお過ごしください。






『バランス反射療法研究会本部』 

06-6671-9369

06-6671-9366


バランス反射療法研究会HPはこちらをクリックして下さい。



[和楽堂接骨院ブログ]


にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

整体師 資格・学校net!


BLOGGERSへ



[反射療法] ブログ村キーワード

[手技療法] ブログ村キーワード

[腱はじき] ブログ村キーワード

[手技研] ブログ村キーワード

[会長] ブログ村キーワード
[研修会] ブログ村キーワード
[定例セミナー] ブログ村キーワード
[定期講習] ブログ村キーワード
[講習会] ブログ村キーワード



[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード

[医療従事者] ブログ村キーワード