2016年3月定例研修会・操法の適正回数の違いの検証

今期最後の定例研修会でした。

今回も坂口会長先生と操法の検証です。

レベル1は1年間の復習を行いました。


研修内容


レベル2

坂口会長先生のもと、操法の回数を何回すると
いい結果がでるか検証しました。

いつも使っている操法で数回行う、圧の何呼吸、
刺激を何回入れるなどの回数が適正回数があることや回数の違いが
あることを教えていただきました。

ねじれ側は何回、ねじれない側は何回で結果が違いました。

体の歪みの分類別(前傾・後傾)によっても適正回数が違います

みなさんと検証結果を出し合い、適正の回数があることが
理解できたと思います。

回数の違いの意味もありますので、考えてみてください。

無意識に操法していましたが、今以上にこれからは
適正な回数でよりいい結果、持続する結果がでるようになります。

回数の違いを理解して、いい結果の報告をお待ちしています。

new_DSCN1748大.jpg


今回、検証でとても難しのは検査でした。
今まで良い結果と思っていたのと、もっといい結果の違いを検査で
比べるのが検査の違いが難しい事が解ったと思います。

これからは検査がきちんとできるように練習して行きましょう

この違いが他の治療法とは違ういい結果になっていると思います。


レベル1


レベル1の1年目と2年目合同で治療の説明の仕方です。

治療家同士では何をしているのか説明出来ますが、患者さんに対しては難しいと思います。
相手が患者さんの場合の実践的な体の歪みと操法の説明の仕方です。

とても重要で必要なことです。

この説明があるかないかで継続治療が違ってきます。
患者さんにわかりやすい説明の仕方のお話でした。

とてもためになったと思いますので
明日から、患者さんに実践で説明してください。

何をして何を変えればいいのか
その為に何をしていくのかを説明すれば患者さんも納得します。

今回はとても実践的な講習でした。

new_DSCN1744大.jpg

また復習でわからない所の練習でした。

来期からまたレベルが上がりますが、基本があっての操法です。
少しずつ難しくなりますが、いい結果がでると思います。
自信を持って操法の練習をしてください。


来月は公開セミナーです。

4月10日(日)第2日曜、大阪会場です。
間違えのないようによろしくお願いします。



2016年公開セミナー開催のお知らせ

【大阪セミナー】 4月10日(日)上本町 吉野旅館
名古屋セミナー】5月8日(日)名古屋 千種 料理旅館わたなべ

※大阪・名古屋のセミナーの内容は基本的に同じです
両方に出席の場合はレベルルを上げて講習いたします。

[申し込み方法]
【バランス反射療法研究会】まで、FAXか電話で公開セミナー要綱を
請求のうえ添付の申し込み用紙にて、お申込みしてください。
公開セミナー要綱請求の際、住所・氏名・電話番号・FAX番号を明記の上
FAX・電話にてお伝えください。折り返し発送します。



『バランス反射療法研究会本部』 

06-6671-9369

06-6671-9366


バランス反射療法研究会HPはこちらをクリックして下さい。



[和楽堂接骨院ブログ]


にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

整体師 資格・学校net!


BLOGGERSへ



[反射療法] ブログ村キーワード

[手技療法] ブログ村キーワード

[腱はじき] ブログ村キーワード

[手技研] ブログ村キーワード

[会長] ブログ村キーワード
[研修会] ブログ村キーワード
[定例セミナー] ブログ村キーワード
[定期講習] ブログ村キーワード
[講習会] ブログ村キーワード



[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード

[医療従事者] ブログ村キーワード