バランス反射療法2月・湧泉と足三里・棘上筋とS2の調整の使い分け

2月14日(日) 大阪 吉野旅館にて定例研修会が行われました。


レベル1

挙上回転操法

流れを考え操法して下さい。
挙筋の固定、ポイント・方向・呼吸の確認

手の挙上
 
手首の持ち方、挙上する時の呼吸を確認して下さい。
肩甲挙筋を考えて下さい。

回転

開く呼吸と戻す時の手首の持ち方、固定のポイント
流れを考えて操法して下さい。

操法の手順を繰り返し練習して、無理のない動きを
習得して下さい。


new_DSCN1730大.jpg


レベル1 2年目

AS PI操法と軸の調整

今回は軸の調整も加えてASとPI操法です。

軸の基本講習です。

軸の調整を軸側と反軸側で方向、呼吸に注意して軽く操法して
ASとPI操法をしてください。

基本の操法ですので何回も練習してください。
操法の手順・動き・方向・呼吸・ポイントと多くの動作があります
習得するにはすぐにとはいきませんが反復しながら練習してください
何度も講習・実技を繰り返していきますので焦らず、基本の操法の
動きを覚えましょう。


new_DSCN1729大.jpg



レベル2

湧泉と足三里・棘上筋とS2調整の関連

今回はみなさんで検証しました。

湧泉で何が変わるのか
足三里で何が変わるか

ねじれ型や左右型の分類で、湧泉と足三里の調整の違いが
検証の結果で理解できたと思います。

同じような操法でも手順があることが理解できたと思います

湧泉と足三里の調整で何を変えているのかわかって操法するのと
わからないで操法するのでは効果が違います。

とても重要なポイントを調整しています。

これからは、効果が違うと思います。

new_DSCN1734大.jpg


棘上筋とS2の調整も同じように検証して

ねじれ型と左右型での操法の違い、手順が理解できたと思います。

また今回、坂口会長先生から、とても重要な椎骨の動きの説明がありました。

この理論は頸椎、腰椎の椎間板ヘルニアや狭窄症に関係してきます。


今までの操法では知らず知らず行っていたと思いますが、意味を理解して
何を変えているのかわかって操法すると効果が違ってきます。

大変面白くなってきています、少し難しい所もありますが
まずは操法して慣れて下さい。

慣れる事が理解することにつながります。


操法の手順通りに練習してください
操法の意味がわかってきます。

new_DSCN1733大.jpg



3月は20日の第3日曜日、大阪会場です。

間違えないようにお願いします。




今年も公開セミナーを開催します。

4月・5月の第二日曜日です。

一年に一回の公開セミナーです。


バランス反射療法研究会では、毎年4月・5月に一般の先生に
【バランス反射療法】の理論・技術に触れていただく機会を
[公開セミナー]という形を設けております。

2016年公開セミナー開催のお知らせ

【大阪セミナー】 4月10日(日)上本町 吉野旅館
名古屋セミナー】5月8日(日)名古屋 千種 料理旅館わたなべ

※大阪・名古屋のセミナーの内容は基本的に同じです
両方に出席の場合はレベルルを上げて講習いたします。

[申し込み方法]
【バランス反射療法研究会】まで、FAXか電話で公開セミナー要綱を
請求のうえ添付の申し込み用紙にて、お申込みしてください。
公開セミナー要綱請求の際、住所・氏名・電話番号・FAX番号を明記の上
FAX・電話にてお伝えください。折り返し発送します。




『バランス反射療法研究会本部』 

06-6671-9369

06-6671-9366


バランス反射療法研究会HPはこちらをクリックして下さい。



[和楽堂接骨院ブログ]


にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

整体師 資格・学校net!


BLOGGERSへ



[反射療法] ブログ村キーワード

[手技療法] ブログ村キーワード

[腱はじき] ブログ村キーワード

[手技研] ブログ村キーワード

[会長] ブログ村キーワード
[研修会] ブログ村キーワード
[定例セミナー] ブログ村キーワード
[定期講習] ブログ村キーワード
[講習会] ブログ村キーワード



[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード

[医療従事者] ブログ村キーワード




足底3点圧使い分け・L5の調整

1月17日 (日) 大阪 吉野旅館にて定例研修会が行われました。


今月、本来は名古屋会場ですが、第3日曜日大阪会場で研修会と新年会でした。

new_DSCN1711大.jpg

【研修内容】


レベル1


流れる側の股関節操法(仰臥位)

股関節操法です。下肢の挙上、膝関節の伸展時の体さばき
足首の固定のポイント「操法の手順・角度・方向・呼吸」
右流れ・左流れを確認しながら、講習が行われました。
固定のポイントが多くありますので、間違えないようにして下さい。

AS操法・PI操法も行うとよいです。

基本の操法ですので、練習して、慣れてください。

new_DSCN1710大.jpg


レベル1 2年目

鎖骨下筋操法

ねじれ系による体の歪みの見方、ねじれ型・左右型
体全体の見方を理解して操法してください。

操作の手順・角度・方向・呼吸・ポイントを確認しながら
講習が行われました。

ねじれ型・左右型によって鎖骨下筋操法を使い分けてください。
力をつけるのか力を抜くのか考えてください。

まずは一連の動作を練習してください。

流れとねじれの関係をこれから理解していきましょう

new_DSCN1708大.jpg



レベル2


足底3点圧・L5調整

坂口会長先生の軸、ねじれ・重心の講習と実技実践が行われました。

足底からの軸・ねじれ・重心の使い分けての操法です。

軸調整・ねじれと重心の調整・前傾後傾と重心の調整・L5の調整

とてもわかりやすく簡単になっていますが
どのように調整するか理解できたと思います。


new_DSCN1703大.jpg


軸の調整は何を基準にして力をつけるのか抜くのか

湧泉(ゆうせん)の調整は何を基準にして圧を加えるのか

長拇指屈筋の調整で何が変わるのか、調整の仕方の違い

L5の調整の違い、使い分け


それぞれ目的が違います、坂口会長先生の解説で理解出来たと思います。



まずは、坂口会長先生の言われた通りの練習をして慣れて下さい

今は考えながら操法していますが、それでもいい結果がでています。

研修会での練習でみなさん、素晴らしい結果を出していました。

自信を持って治療してください。



new_DSCN1705大.jpg


この操法はとても体の変化が現れる素晴らしい操法です。
患者さまに喜ばれ、いい結果がたくさん出てきます


軸、ねじれ、重心を調整していくと体の歪みが変わり、
この操法の凄さがわかります。


脊柱管狭窄症やヘルニアも安心して操法してください
とても効果的です。


新年会、お疲れ様でした。


2月は14日、第2日曜日、大阪会場です。
間違えないようにしましょう。



バランス反射療法研究会では、毎年4月・5月に一般の先生に
バランス反射療法の理論・技術に触れていただく機会を
[公開セミナー]という形を設けております。

2016年公開セミナー開催のお知らせ


【大阪セミナー】 4月10日(日)上本町 吉野旅館
【名古屋セミナー】5月8日(日)名古屋 千種 料理旅館わたなべ

※大阪・名古屋のセミナーの内容は基本的に同じです
両方に出席の場合はレベルルを上げて講習いたします。

[申し込み方法]
【バランス反射療法研究会】まで、FAXか電話で公開セミナー要綱を
請求のうえ添付の申し込み用紙にて、お申込みしてください。
公開セミナー要綱請求の際、住所・氏名・電話番号・FAX番号を明記の上
FAX・電話にてお伝えください。折り返し発送します。








『バランス反射療法研究会本部』 

06-6671-9369

06-6671-9366


バランス反射療法研究会HPはこちらをクリックして下さい。



[和楽堂接骨院ブログ]


にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

整体師 資格・学校net!


BLOGGERSへ



[反射療法] ブログ村キーワード

[手技療法] ブログ村キーワード

[腱はじき] ブログ村キーワード

[手技研] ブログ村キーワード

[会長] ブログ村キーワード
[研修会] ブログ村キーワード
[定例セミナー] ブログ村キーワード
[定期講習] ブログ村キーワード
[講習会] ブログ村キーワード



[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード

[医療従事者] ブログ村キーワード

12月定例研修会 AS・PI操法の軸、ねじれ、前後の調整

12月13日(日)大阪会場 吉野旅館にて定例研修会が行われました。


今年最後の研修会で、坂口会長先生の体の歪みのパターンの統計を発表して
いただきました。

前後、流れ、ねじれ、軸、重心です。

とても参考になったと思います。

自分が何型の何パーセントか、このような人はあまりいないとか
理解できたと思います。

今回は研修生全員の前で体の分類の理論をホワイボードで説明され
少し難しいかもしれませんが、分類別でも操法の違いがあることが
理解できたと思います。

new_DSCN1668大.jpg


レベル1の先生方は、将来このような操法で体が簡単に変えることが
できることを楽しみにしてください。

まずは検査がきちんとできるようにして行きましょう


【研修内容】

レベル1 1年目

「二頭筋・三頭筋操法」

講師の先生の指導の下、実技実践を行いました。

操法の手順・呼吸・方向・ポイントを確認しながら、
講習が行われました。

「二頭筋・三頭筋操法」は基本の手技・操法で重要な操法です。
操法の手順・動き・方向・呼吸・ポイントと多くの動作があります。
手技の難易度は高く、何度も、講習・実技を繰り返します。
習得するのは、すぐにとは、いきませんが、反復しながら
上級の先生方も日々、研究しています。

焦らず、「二頭筋・三頭筋操法」を何度も繰り返し練習して
ください。基本の操法です。動きをまず覚えましょう。

将来、この操法は前後・流れ・捻じれの調整に必要です。
色々な症状に使うことのできる操法です。

肩こり・腰痛などに幅広く効果が出ます。

new_DSCN1679大.jpg



レベル1 2年目

内果操法

内果のポイント・呼吸・刺激の方向・操法の手順を確認
しながら講習が行われました。

内果が何に関係しているか理解できたと思います。

操法の意味を理解して実技練習をしてください。

new_DSCN1674大.jpg



レベル2


ねじれ、軸、前後調整AS・PI操法


坂口会長先生からねじれ、軸、重心の説明と検査の方法が講習されました。

検査がきちんとできるように練習してください。

ねじれ、軸、前後が整うAS・PI操法です。

軸の検査を利用してください

軸を整え、前後、ねじれまで整う操法です。

この操法をする前に正中操法をしてください。

今回はねじれと軸の関連です。また重心にも関係していきますので

色々簡単にできるようになっていきます。

軸を変える呼吸や固定、方向は間違えないようにしましょう


new_DSCN1669大.jpg



操法後に姿勢や立ち方が変わった事が理解できたと思います。

これだけで膝の屈曲や膝が外に開いている人の膝が伸びます

腰下肢の症状、膝の曲がった人、O脚に操法してください。

この操法と重心を加えるととてもいい効果が出ます。


検査を間違えないよう練習してこの操法をマスターしましょう

新しい操法が増えていますが簡単に操法できようになっていますので
練習していい結果を楽しんでください。


new_DSCN1683大.jpg




来年の1月は17日第3日曜日、大阪会場です。
新年会もかねていますので、間違えないよう
よろしくお願いします。

来年もみなさまの笑顔に出会えますよに良いお年をお過ごしください。






『バランス反射療法研究会本部』 

06-6671-9369

06-6671-9366


バランス反射療法研究会HPはこちらをクリックして下さい。



[和楽堂接骨院ブログ]


にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

整体師 資格・学校net!


BLOGGERSへ



[反射療法] ブログ村キーワード

[手技療法] ブログ村キーワード

[腱はじき] ブログ村キーワード

[手技研] ブログ村キーワード

[会長] ブログ村キーワード
[研修会] ブログ村キーワード
[定例セミナー] ブログ村キーワード
[定期講習] ブログ村キーワード
[講習会] ブログ村キーワード



[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード

[医療従事者] ブログ村キーワード


バランス反射療法研究会・ねじれ型・左右型の操法の使い分け

11月8日(日)名古屋会場・パークホテルつちや、にて定例研修会が行われました。

【研修内容】

ねじれ型・左右型の操法の使い分け

坂口会長先生のねじれ、流れの歪みの見方の解説とねじれ型・左右型の操法の
使い分けで実技実践の講習がありました。

new_DSCN1624大.jpg


ねじれ型の操法と左右型の操法の手順など違いが理解できたと思います。
レベル1の先生方は少し難しいのですが、体の変化が納得できたと思います。

これから、操法の使い分けで、わかりやすくなっています。
何の緊張をとりたいのか、力をつけたいのか理解できたと思います。

今までの操法を組み合わせて、簡単にできるようになっています。

復習を兼ねて練習してください。

new_DSCN1620大.jpg



レベル1

小胸筋操法


この操法は最初に行う操法で正中を整える基本になっています。

たくさんのポイントがありますが順番に覚えてください。

小胸筋の刺激のポイントはできるだけ軽く触れてください。

また万歳の調整での正中操法も手順、呼吸、男女別に考えて練習してください。

手の動かし方、持ち方など確認しながら覚えてください。

new_DSCN1634大.jpg



レベル1  2年目

関節操法

基礎の足関節から前後の調整です。

足首の固定のポイント「操法の手順・方向・呼吸」
前後系を固定して足関節の持ち方を確認して下さい
基本の操法ですので、練習して慣れて下さい。

足関節操法で体の変化が理解できたと思います。

この先、色々なポイントが増えますが基本を覚えておいてください。

new_DSCN1635大.jpg



レベル2

ねじれ型・左右型の操法の使い分け

ねじれ側の鎖骨下筋操法

股関節操法と筋膜腸筋の調整

環跳・風市の調整

腰方形筋調整と中殿筋操法

大菱形筋の調整

小菱形筋の調整

組み合わせて使い分けてください。

今まで習った操法を組み合わせて操法です。
考えて使い分けて練習してください。

どこの何を変えたいのか理解できたと思います。

この操法で椎間が元に戻るようになっていきます。

椎間板ヘルニアや狭窄症の人に操法してください。

new_DSCN1626大.jpg


new_DSCN1632大.jpg


今回名古屋つちやが最後になります。

長い間お世話になりました。




『バランス反射療法研究会本部』 

06-6671-9369

06-6671-9366


バランス反射療法研究会HPはこちらをクリックして下さい。



[和楽堂接骨院ブログ]


にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

整体師 資格・学校net!


BLOGGERSへ



[反射療法] ブログ村キーワード

[手技療法] ブログ村キーワード

[腱はじき] ブログ村キーワード

[手技研] ブログ村キーワード

[会長] ブログ村キーワード
[研修会] ブログ村キーワード
[定例セミナー] ブログ村キーワード
[定期講習] ブログ村キーワード
[講習会] ブログ村キーワード



[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード

[医療従事者] ブログ村キーワード

ねじれ側の鎖骨下筋操法

10月11日(日)  大阪 吉野旅館にて定例研修会が行われました。

【研修内容】

坂口会長先生のねじれによる体の歪みの見方の解説とねじれ側の
鎖骨下筋操法を会員全員の前で実技実践されました。

ねじれでどのように体が歪み、どこに影響があるのか理解できたと思います。

肩甲骨をそろえること、鎖骨下筋のバランスを整えることで、ねじれによる
体の歪みが戻り、立ち方が変わることが理解できたと思います。

レベル1の先生方も体の変化が納得できた操法でした。
将来使えるようになりますので今は基本を勉強してください。


DSCN1599.JPG


レベル1  1年目

肩甲挙筋・僧帽筋・小菱形筋・肩井の調整

講師先生の指導の下、実技実践を行いました。
各ポイント・呼吸・方向を確認しながら講習が行われました。

肩周りの症状だけでなく腰痛にも効果がある基本の操法です。

AS・PI操法の復習です。

基本の操法ですので何回も練習してください。
操法の手順・動き・方向・呼吸・ポイントと多くの動作があります
習得するにはすぐにとはいきませんが反復しながら練習してください

何度も講習・実技を繰り返していきますので焦らず、基本の操法の
動きを覚えましょう。


レベル1  2年目

小胸筋操法

今回の小胸筋操法はねじれを加えての操法です。

前回とポイントは同じですが
ねじれを考えて小胸筋の操法をしてください。

操法する位置と軽い刺激で強くしないように注意してください。

これから先、ねじれによって操法をしていきますので
ねじれ型・左右型で操法してください。

少し迷うかもしれませんが、今回のは基本になります。

最初の操法としてこれから使い分けます

ねじれと小胸筋の関係をこれから理解していきましょう。


レベル2

ねじれ側の鎖骨下筋操法

DSCN1601.JPG

ねじれによる体の歪みの見方や肩甲骨の見方
体全体の見方を理解できた思います。

ねじれによって鎖骨下筋操法を使い分けてください。
流れとねじれの関係をこれから理解していきましょう

今回の操法で、今まで気になっていたところが
改善されます、改善する理由も理解できたと思います。

操法前に肩甲骨や骨盤周辺を観察してから操法すると
違いがわかります。

モデルになられた方の操法後の姿勢をみればみなさん納得
できたと、またモデルの人も立ち方の違いが一番わかると
思います。

時間のない方は正中操法を省略して、この操法をしてから
色々な操法に入ってください。

とても効果が実感できる操法です。
これだけで操法を終わってもいいぐらいです。

みなさん、ねじれ側の鎖骨下筋操法を練習して
効果を味わってください。

DSCN1602.JPG


11月は名古屋会場で11月8日です。
間違えのないように研修会に来てください。

新しい操法が増えていますが基本は変わっていませんので
これからも技術の進歩についていきましょう。






『バランス反射療法研究会本部』 

06-6671-9369

06-6671-9366


バランス反射療法研究会HPはこちらをクリックして下さい。



[和楽堂接骨院ブログ]


にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

整体師 資格・学校net!


BLOGGERSへ



[反射療法] ブログ村キーワード

[手技療法] ブログ村キーワード

[腱はじき] ブログ村キーワード

[手技研] ブログ村キーワード

[会長] ブログ村キーワード
[研修会] ブログ村キーワード
[定例セミナー] ブログ村キーワード
[定期講習] ブログ村キーワード
[講習会] ブログ村キーワード



[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード

[医療従事者] ブログ村キーワード


9月定例研修会・挙上回転操法(ねじれ)・棘上筋の調整

9月13日(日)名古屋会場・パークホテルつちやにて定例研修会が行われました

挙上回転操法、ねじれを加えて起立筋、仙骨、中殿筋、棘上筋の調整です。

坂口会長先生の実技実践をレベル1・2合同で
ねじれの検査と起立筋の検査を加えて体の見方の復習から
一連の流れの操法を解説しながら実技実践されました。

流れとねじれの関係で操法してください。

DSCN1582.JPG

DSCN1583.JPG


【研修内容】

レベル1

AS・PI操法

「AS・PI操法」
講師先生の指導のもと、実技指導が行われました。
「操法の手順・呼吸・方向・ポイント」を確認しながら
講習が行われました。

足の持ち方や自分の位置・体さばき、方向、呼吸には
それぞれの意味がありますが、操作の形・動き、体さばきを
主に練習して一連に流れるよう慣れて下さい。

「AS・PI操法」は下肢の基本操法になります。
たくさんの覚えることがありますが形だけでも練習して下さい。

DSCN1587.JPG

レベル1   2年目

挙上回転操法(ねじれ)

挙筋の固定の方向、挙上する手の形の呼吸を考えて操法してください。
回転と戻しの呼吸の意味を考えて練習してください

体さばきや一連の動作をスムーズにできるよう練習して形から覚えて
ください。

たくさん覚えることがありますが
動作の意味をこれから理解していきましょう。

少し難しいかもしれませんが、形だけでも練習しておいて下さい。

将来につながります。

DSCN1586.JPG

レベル2
挙上回転操法・棘上筋・起立筋・中殿筋・仙骨の調整

肩甲骨の位置を確認してから操法してください。

ねじれを加えた挙上回転操法

挙筋と手の持ち方の呼吸の意味を理解して
操法する自分の位置、体さばきを考えて操法しましょう

起立筋の調整で何が変化するか理解できたと思います。

起立筋・中殿筋・仙骨の固定の位置と呼吸、方向を確認して
順番を間違えないように操法してください。

棘上筋の位置、圧定の方向、呼吸、ねじれを間違えないよう
してください。

DSCN1580.JPG

坂口会長先生の一連の動きを思い出して練習してください。

操法で肩甲骨が変化したことや体の変化が確認できたと思います。

刺激は軽くして、今までの操法の違いがわかると思います。
患者さんの姿勢が変わりますので楽しみに操法してください。

DSCN1584.JPG

来月は大阪会場ですので間違えないようお願いします。





『バランス反射療法研究会本部』 

06-6671-9369

06-6671-9366


バランス反射療法研究会HPはこちらをクリックして下さい。



[和楽堂接骨院ブログ]


にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

整体師 資格・学校net!


BLOGGERSへ



[反射療法] ブログ村キーワード

[手技療法] ブログ村キーワード

[腱はじき] ブログ村キーワード

[手技研] ブログ村キーワード

[会長] ブログ村キーワード
[研修会] ブログ村キーワード
[定例セミナー] ブログ村キーワード
[定期講習] ブログ村キーワード
[講習会] ブログ村キーワード



[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード

[医療従事者] ブログ村キーワード


8月の定例研修会・ねじれ股関節操法からの脊柱起立筋調整

8月9日(日)大阪の上本町 吉野旅館にて定例研修会が行われました。


坂口会長先生の実技実践をレベル1・2合同で行いました。

股関節操法からねじれと脊柱起立筋の調整です。

レベル1の人は少し難しいかもしれませんが、将来必要となりますので
形や動作を覚えておいてください。

起立筋の調節はギックリ腰などに応用してください。

基本の股関節操法に新たな膝関節、起立筋のポイントが加わりました。

操法後、起立筋の膨隆が改善されたことが確認できたと思います。

DSCN1487.JPG

DSCN1488の縮小.jpg


【研修内容】


レベル1


小転子操法

大腰筋の基礎知識を講習されました。

大腰筋が緊張すると体の歪みがどのように現れるのか理解できたと
思います。

操法の手順、小転子のポイント、圧の方向、呼吸など確認して
操法の練習をしてください。

大腰筋が緊張して腰痛になる人が多いので試してください。

DSCN1494 の縮小.jpg



レベル1  2年目


ねじれ股関節操法 (AS.PI)操法

基本のAS.PI操法に固定の位置が変わります。

外膝眼、中封を固定して操法してください。


固定ポイントの方向、呼吸をねじれに合わせて操法してください。

ねじれ型と左右型でのポイントの方向、呼吸を変えて、間違えないよう
ねじれの意味を理解してください。最初は慣れないかもしれませんが
練習してください。

ねじれが良くなれば膝関節の歪みも良くなります。

股関節操法で前後、流れ、ねじれの調節ができるようになります。

DSCN1501 の縮小.jpg



レベル2

ねじれ股関節操法からの脊柱起立筋調整

股関節操法に新しい動作が加わりました。
膝の固定が変わりました。


ねじれを考えての調整です。
ポイントと呼吸を確認してください。

起立筋のポイント、方向、流れ、呼吸を考えて操法してください。

DSCN1490no.jpg


今回もみなさん、各ポイントをお互い確認して練習していました。

理論も必要ですが、まずは操法の練習で体さばきなど流れるように
できれば、操法の意味が理解できます。

坂口会長先生の操法の見本を真似してください。

DSCN1493の縮小.jpg


レベル2 上級


流れ、ねじれ、重心、前後傾の検査を確認してください。

検査がわからなければ、操法が出来ません

今回わかりやすい検査の確認する方法を
坂口会長先生の検査方法を参考にして練習してください。

DSCN1505の縮小.jpg


これから暑くなりますが、みなさん体に気をつけて
お仕事頑張ってください。

9月、名古屋会場です。
まだ、暑いと思いますが、楽しみにしてください。




『バランス反射療法研究会本部』 

06-6671-9369

06-6671-9366


バランス反射療法研究会HPはこちらをクリックして下さい。



[和楽堂接骨院ブログ]


にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

整体師 資格・学校net!


BLOGGERSへ



[反射療法] ブログ村キーワード

[手技療法] ブログ村キーワード

[腱はじき] ブログ村キーワード

[手技研] ブログ村キーワード

[会長] ブログ村キーワード
[研修会] ブログ村キーワード
[定例セミナー] ブログ村キーワード
[定期講習] ブログ村キーワード
[講習会] ブログ村キーワード



[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード

[医療従事者] ブログ村キーワード

バランス反射療法研究会7月・大菱形筋・小菱形筋の調整

7月12日(日)名古屋会場・パークホテルつちや、 にて定例研修会が行われました。


坂口会長先生から前回のC5の注意点の説明及び
手の挙上操法のポイントの追加説明について全員の前で実技が行われました。

C5の圧定と持ち方に気をつけてください
回旋は以前と変わりません、無理な動きはしないでください

手の挙上操法の体さばきです。自分の位置を確認して正中を考えて
操法してください。

DSCN1448.JPG


今回の大菱形筋と小菱形筋の調整です。
体の分類により操法の使い分けをしてください。

会員全員の前で実技実演が行われ、体の見方や変化が確認できました。

DSCN1444.JPG


レベル1


関節操法

足関節から前後の調整です。


前後の検査で前後の歪みが理解できたと思います。

どちらの足を背屈、底屈するのか操法をしてください


足の持ち方、固定の位置、どの筋肉に刺激を入れるか考えて

PI側とAS側で操法を変えてください。


足からの操法で前後が整うことが理解できたと思います。

体のつながりも理解できるといいですね

DSCN1457縮小1.jpg



レベル1 2年目


二頭筋・三頭筋操法ねじれの調整

基本の操法にねじれの考えを使った操法です。


実践での基本になります。

基本の操法にねじれを考えて手の返しを理解して操法してください。

前後、流れと、ねじれで操法を使い分けて練習してください


少し難しいかもしれませんが、今回のねじれ系をマスターすれば
左右型も理解できるようになります。


前後なのか流れなのかねじれの動作なのか一つ一つ考えて
練習してください。

練習あるのみです。次回楽しみにしています。


DSCN1456.JPG



レベル2


大菱形筋・小菱形筋の調整

T2・L2 3側の調整・小転子操法


ねじれ型と左右型の体の分類により操法を変えてください。

大菱形筋と小菱形筋の調整

操法の使い分け

ねじれ型と左右型の呼吸と方向、足の開き方
T2・L2の調整、小転子の調整

大菱形筋のポイント、流れ、刺激の方向、呼吸、どちら側を重視するのか
理解していると思いますが

小菱形筋のポイントも同じです。

みなさん少し刺激が強いようです。
方向を無理に動かさないで軽くイメージして軽く触って下さい

T2の位置、圧定する位置を確認してください

椎骨の位置を探すのは難しいかもしれませんが
慣れて下さい。

DSCN1454.JPG


歪みや症状の有る所だけの理論で操法するのでなく
体型の分類により操法してください

操法後、良い状態が長く保持でき違いがわかります。

この体の分類によって、治療方針がとても簡単に組み立てられます。


これから治療に活用して成果を楽しんでください。

DSCN1458.JPG


来月8月は9日第二日曜日です。

間違えないようにしてください。

これから暑くなりますが、8月楽しみに勉強しましょう。





『バランス反射療法研究会本部』 

06-6671-9369

06-6671-9366


バランス反射療法研究会HPはこちらをクリックして下さい。



[和楽堂接骨院ブログ]


にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

整体師 資格・学校net!


BLOGGERSへ



[反射療法] ブログ村キーワード

[手技療法] ブログ村キーワード

[腱はじき] ブログ村キーワード

[手技研] ブログ村キーワード

[会長] ブログ村キーワード
[研修会] ブログ村キーワード
[定例セミナー] ブログ村キーワード
[定期講習] ブログ村キーワード
[講習会] ブログ村キーワード



[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード

[医療従事者] ブログ村キーワード


バランス反射療法6月・重心の検査法・C5と肩甲挙筋の調整

6月14日(日)大阪上本町 吉野旅館にて【バランス反射療法研究会】 の定例講習会が行われました。


坂口会長先生の重心の検査法をレベル1・2合同で行いました。

今までの検査法に加えて、確認のための検査です。
今まで迷われていた時に確認のためにお使いください。

DSCN1419.JPG

レベル2はC5と肩甲挙筋・鎖骨下筋の調整です。

体型の分類により操法の手順が変わります。
その説明と実技実践が全員の前で講習されました。

新人先生やレベル1の先生には、難しいと思いますが                    この位の軽い刺激、操法で体が変わります。

体の分類を間違えるとあまりいい結果はでないことがわかったと思います

検査で体の分類を正しくできるようにしましょう。

検査法をもう一度確認してください。

検査がとても重要になっています。

DSCN1422.JPG


レベル1 1年目

L3・4操法 中殿筋

ごく軽い刺激にて体の変化を感じていただきました。

新人先生の中で朝、腰が痛かった方が練習中に腰痛が改善されて
ビックリしていました。

とても軽い刺激です。

椎骨の位置の確認、圧定の手順、呼吸、離し方が講習されました

椎骨の歪みのパターンを理解して、どの筋肉に関連して動くのか
理解できたとおもいます。


・中殿筋操法

ポイント、圧定の手順 刺激の入れ方 呼吸の確認


中殿筋のバランスが取れると関連椎骨の歪みやAS PIの調整につながります。

椎骨の位置確認を各自で練習しておいてください

DSCN1425.JPG


体が変化することが確認できたと思います。

変化を楽しんでください。


レベル1 2年目

重心・L5・足底の調整

重心の見方の検査法

坂口会長先生の講習で理解できと思いますが
実践で練習するとなかなか難しいようでした。
お互い見慣れた体でも、難しく、はじめて、知らない体を
触ると、なお難しいです。繰り返し練習すれば、解って来ます。

今回は確認できる検査法で重心がわかりますが

それ以外の検査法も練習してください。

椎骨の位置を間違わない様にしてください。

L5の位置が人により違います、男性女性、年齢でも違います。

腸骨とL5の位置を解剖の本で確認してください

DSCN1424.JPG


L5・足底の調整

ポイントを探す時も強く押さないでください。

ポイント、呼吸、刺激の方向を考えて操法してください。

操法後、両足で地面を感じることが出来たと思います。

バンザイ検査を練習してください。

検査を練習しないと体の分類が出来ません

操法も重要ですが、検査法も大事です。



レベル2

C5・肩甲挙筋の調整

DSCN1423.JPG



捻じれ系の体型分類による操法の違いを理解してください。

C5の位置、頭部の持ち方、回転方向、呼吸がとても
難しい操法です。

呼吸も男女、体型により違い、呼吸の入れ方が難しいのが理解
できたと思います。

頭部の持ち方、C5の位置を確認して練習してください。

回転の軸をずらさないように反復練習して、無理のない動きを
覚えてください。


体の分類によりどちらの足を開けるか確認して

挙筋と鎖骨下筋を固定して操法してください


体型の分類を間違えないようしてください。


DSCN1431.JPG


操法としてはとても単純ですが、結果はとてもいいです。

少しずつですが操法の意味が理解できてくると思います。

これから、楽しくなってきます。



『バランス反射療法研究会本部』 

06-6671-9369

06-6671-9366


バランス反射療法研究会HPはこちらをクリックして下さい。



[和楽堂接骨院ブログ]


にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

整体師 資格・学校net!


BLOGGERSへ



[反射療法] ブログ村キーワード

[手技療法] ブログ村キーワード

[腱はじき] ブログ村キーワード

[手技研] ブログ村キーワード

[会長] ブログ村キーワード
[研修会] ブログ村キーワード
[定例セミナー] ブログ村キーワード
[定期講習] ブログ村キーワード
[講習会] ブログ村キーワード



[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード

[医療従事者] ブログ村キーワード





病院や薬頼みの解決方法に大きな疑問を感じる方…整体院に相談してみましょう!そんな整体院さまのブログのアンテナサイトです。